Top > 孫正義 トモダチ (書き起こし版)

孫正義 トモダチ (書き起こし版)

 
 
 
『TOMODACHI :: SoftBank Leadership Program Summer 2012 :: Masayoshi Son - Personal Message』
https://www.youtube.com/watch?v=SRb6BHpems0

 
 
 
 
 
以下のテキストは『TOMODACHI :: SoftBank Leadership Program Summer 2012 :: Masayoshi Son - Personal Message』の内容を書き起こしたものです。また、各章ごとのリンク先には小大式カナ発音記号つきのテキストがあります。
 
 
 
 
 
***********************************
 
 
 
 
 
トモダチ 
 
TOMODACHI 
 
 
 
ソフトバンク リーダーシッププログラム サマー2012 
 
SoftBank Leadership Program Summer 2012  
 
 
 
孫正義 
 
Masayoshi Son  
 
 
 
パーソナルメッセージ 
 
Personal Message 
 
 
 
 
 
***ここまで(第0章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
1:1 
おめでとうございます。 
 
Well, congratulation.  
 
 
 
1:2 
皆さんはこのプログラムに応募した2000人の中から選ばれた300人です。 
 
Uh you are the guys  
 
uh that were chosen three hundred students out of  
 
the uh two thousand uh applicants for this program.  
 
 
 
 
 
***ここまで(第1章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
2:1 
ふるさとの市や町を襲った地震や津波で、皆さんが感じた気持ちの多くを私も分かち合っています。
 
Uh I must say that the uh I share a lot of feeling  
 
that you must have had  
 
during the earthquake and tsunami attacked  
 
to the city and the towns of uh your home town.  
 
 
 
2:2 
数々の悲劇、皆さんのご家族、お友達、そしてまわりの人たちがたくさんの悲劇を経験したと思います。それは皆さんが忘れることのできない悲しみです。
 
A lot of tragedy I understand maybe  
 
your family members or your friends  
 
uh to people around are  
 
you must have had a lot of tragedy the sadness  
 
that you cannot forget.  
 
 
 
2:3 
私も忘れることができません。私はテレビのニュースをリアルタイムで見ていました。 
 
I cannot forget I was watching on TV,  
 
a real time over the news.  
 
 
 
2:4 
大変な衝撃を受けました。テレビで自分が目にしたことを信じることができませんでした。
 
I was so shocked, I was,  
 
I couldn't believe what I was seeing uh on the TV.  
 
 
 
2:5 
しかし、皆さんにとって、それはテレビ越しの出来事ではありませんでした。 
 
But for you, it was not over the over the TV.  
 
 
 
2:6 
皆さんは身体で、目で、肌で、そして全身で、あの悲劇の全てを感じていました。 
 
Your feeling by your entire body,  
 
by yourself uh with your eyes, with your skins,  
 
with your whole body that you are feeling all the tragedy.  
 
 
 
2:7 
あの時皆さんがどのように感じたか、特にご家族やお友達に起こった悲劇を私は言葉にすることができません。
 
Uh I cannot say a word how you must have felt  
 
uh during during that time  
 
and especially uh all the tragedy you may have had  
 
among your family members and the friends.  
 
 
 
 
 
***ここまで(第2章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
3:1 
しかし、私たちは生きていかなければなりません。 
 
But we must live.  
 
 
 
3:2 
私たち自身の、そして皆さん自身の未来のため、私たちの国の将来のため、お友達そしてご家族のために、生きていかなければならないのです。
 
We must live for the future of ourself, yourself,  
 
for the future of our country for the friends for the family,  
 
we must live.  
 
 
 
3:3 
輝く未来を築くため、たくさんの情熱と夢をもって、強く生きなければなりません。 
 
We must live strongly with lot of passion and the dreams  
 
to make a brighter future.  
 
 
 
3:4 
私は、自分がとても小さく、皆さんの手助けは何もできないと感じていますが、皆さんの未来のために、明日からの未来に向けて、皆さんの心が奮い立つよう、何か少しでもお手伝いをしたいのです。
 
So uh I feel that I am so small  
 
that I cannot do uh any help to you,  
 
but uh I want to do something  
 
at least that I can help uh for your future,  
 
for for your spiritual standing up,  
 
uh for the tomorrow of your future. 
 
 
 
 
 
***ここまで(第3章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
4:1 
私は16歳のときに初めてアメリカに行きました。 
 
Uh when I was sixteen years old, I first went to the State.  
 
 
 
4:2 
中学校を卒業したばかりの生徒でした。私は高校生になっていました。 
 
Uh I was a student right after graduating  
 
from grammar school uh the junior high school  
 
uh I became a high school student.  
 
 
 
4:3 
高校1年生でした。 
 
I was a first grade at the high school.  
 
 
 
4:4 
夏休みの間にアメリカに行き、 
 
Uh during the uh summer vacation, I went to the States.  
 
 
 
4:5 
皆さんが今から行こうとしているカリフォルニア大学バークレー校に行ったのです。 
 
I went to UC Berkeley where you are going uh right now.  
 
 
 
4:6 
私がそこで経験したことを皆さんにも経験していただきたいのです。 
 
I want to have the experience
  
that I did myself, I had myself.
 
 
 
4:7 
少なくともその経験は、それまでとは全く違う機会を私に与えてくれました。 
 
Uh at least that gave me,  
 
you know total different opportunity uh for myself.  
 
 
 
4:8 
もし私がアメリカに行かなかったら、もし私がカリフォルニア大学バークレー校に行かなかったら、もし私がアメリカで出会った全ての人に出会わなかったら、私の人生は全く違うものになっていたでしょう。
 
If I didn't go to the States, if I didn't go to UC Berkeley,  
 
if I didn't meet with all these people in the States,  
 
uh my life was totally different.  
 
 
 
4:9 
ソフトバンクはなく、孫正義もいなかったでしょう。私は全く違う人生を歩んでいたかもしれません。
 
There is no SoftBank, there is no Masayoshi Son,  
 
uh I may have had totally different life.  
 
 
 
 
 
***ここまで(第4章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
5:1 
学生時代、私は自分自身とすごく葛藤していると少し感じていました。 
 
So uh when I was a student,  
 
I had my own you know small uh feeling  
 
that I was I was you know uh struggling myself so much.  
 
 
 
5:2 
私は日本人のように暮らしていました。日本人の名前で暮らしていました。でも、心の奥ではいつも、プレッシャーのような思い、逃れようのない気持ちを感じていました。
 
Uh I lived like Japanese, I lived with Japanese name,  
 
but uh deep in my mind,  
 
I was always feeling some kind of pressure,  
 
some kind of a feeling that uh couldn't I couldn't get away with.  
 
 
 
5:3 
私は韓国人として、韓国国籍をもって生まれました。 
 
I was I was born as the a Korean citizen, Korean citizenship.  
 
 
 
5:4 
家族全員が日本にいて、祖先は韓国人であるという素性を隠し、日本人の男の子のように日本人の名前を持って、学校では友達みんなと過ごしていました。
 
Uh With all my family members are in Japan,  
 
hiding uh my Korean ancestors background,  
 
and living with Japanese name like Japanese boy  
 
uh in the in the school uh with all my friends.  
 
 
 
5:5 
でも、自分は隠すべきではないことを隠していると常に感じていました。 
 
But I was always feeling  
 
that I'm hiding something that I shouldn't have.  
 
 
 
5:6 
そんな感情から逃れられないでいました。 
 
Uh that was the feeling that I couldn't get away.  
 
 
 
5:7 
だから、私は日本に住んでいましたが、自分の居場所がどこにもないと感じていました。
 
So I was living in Japan,  
 
but I felt I don't belong to anywhere.  
 
I don't belong to this country,  
 
 
 
5:8 
私はこの国の一員じゃない。周りにいる友達の仲間じゃない。 
 
I don't belong to the friends that I was surrounded with.  
 
 
 
5:9 
それは、私にとって、自分を殺しているようなものでした。 
 
Uh so to me, uh I almost uh was almost uh committing suicide.  
 
 
 
5:10 
もちろん、友達には言いませんでした。でも、その気持ちはそんなにも私を苦しめていたのです。
 
I didn't tell to my friends of course,  
 
but it was that much you know uh feeling  
 
that I was so uh struggling with.  
 
 
 
 
 
***ここまで(第5章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
6:1 
ところが、アメリカに行くと、実に多くの人、違う色の肌、彼らが話すいろいろな言語、人それぞれの経歴を目にしました。
 
But when I went to the States,  
 
I saw so many different people,  
 
and a different color in skin,  
 
different different language that they speak,  
 
uh different background.  
 
 
 
6:2 
でも、彼らはみんな高く青い空の下で笑っていました。みんなの目はたくさんの笑顔で輝き、国籍や人種といった小さなことなど気にせずに話をしていたのです。
 
But they are all laughing with blue sky,  
 
very high and blue sky up there  
 
and uh everybody's eye was you know  
 
sparkling with a lot of smile  
 
and talking each other  
 
without worrying such a small thing as a nationality, the race.  
 
 
 
6:3 
そして私は、とてもたくさんのチャンス、全く異なる文化、異なる言語、文明化された異なる社会システムを経験しました。
 
Uh and I saw so many opportunities,  
 
totally different culture, different language,  
 
uh different uh civilized you know uh social system.  
 
 
 
6:4 
これらの人々、そしてこの社会から学び、日本に戻ったときに生かすことができるかもしれない。多くのチャンスを得ることができました。
 
Lot of opportunity  
 
that I can I can learn from these people from this society,  
 
that I may be able to utilize uh back in Japan  
 
when I graduate from the school.  
 
 
 
6:5 
学校を卒業したら日本に帰るだろう。そして、日本に戻ったら、自分の会社を立ち上げるかもしれない。
 
Uh I would I would go back to Japan  
 
and after I go back to Japan,  
 
I may estab my own company.  
 
 
 
6:6 
そうしたら、アメリカで得た経験を生かすことができる。 
 
And I can utilize my experience that I got in the State.  
 
 
 
6:7 
こうして、私の人生が全く違う形で広がりました。 
 
So, uh it open up my whole life in totally different fashion.  
 
 
 
 
 
***ここまで(第6章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
7:1 
私には、300人の皆さんがどんな将来を送るのか、どんな人生を歩むのか分かりません。
 
I don't know three hundred of you  
 
what whatever life you may have  
 
in your whole future for for your life.  
 
 
 
7:2 
どんな興味を持っていて、どんな趣味があるのかも分かりません。でも、この3週間のプログラムで培う経験はどんなものであろうとも、皆さんが大人になって自身の家族を持ち、起業をしたり、会社勤務をするときに活かせる、全く違った人生の経験をもたらすと思っています。
 
I don't know what interest you have,  
 
what hobby you have, but when when you grow up,  
 
when you you know have your own family  
 
for for your own business  
 
or you know high advice some other company,  
 
uh I think what your experience  
 
you get in this three weeks program  
 
uh may give you totally different experience  
 
that you can utilize.  
 
 
 
 
***ここまで(第7章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
8:1 
皆さんには、自分の人生に強い情熱をもって挑んでもらいたいのです。 
 
I want you to challenge with strong passion for your life.  
 
 
 
8:2 
この経験が皆さんに何かを与えてくれることを願っています。 
 
I hope this experience would give you something.  
 
 
 
8:3 
でも、その「何か」は自然とやってくるものではありません。 
 
But that something wouldn't come automatically.  
 
 
 
8:4 
情熱が必要です。そのチャンスをつかむんだという強い意志が必要です。 
 
You need a passion, you need a strong will to grab the opportunity.  
 
 
 
8:5 
皆さんには、その機会を生かして、自分自身で明るい未来を創造してもらいたいのです。
 
I want you to take the opportunity  
 
and have a bright future for yourself.  
 
 
 
8:6 
私は、そんな皆さんをほんの少しお手伝いしたいと思っています。 
 
I would like to be a small help for you.  
 
 
 
8:7 
ありがとうございました。 
 
Thank you. 
 
 
 
 
 
***ここまで(第8章)のカナ発音はこちら***
 
 
 
 
 
注:このページの内容は、古田利佳が書き起こし、Robert Terryが校正し、中根英登が監修しました。著作権は孫正義に帰属します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【中根英登】孫正義先生のための英語講座【小大式カナ発音記号】
https://www.youtube.com/watch?v=l7eqwXHCLPw

 
 
 
 
 
会話調で話されている『TOMODACHI :: SoftBank Leadership Program Summer 2012 :: Masayoshi Son - Personal Message』を、文章調に補修したテキストがリンク先にあります。
『孫正義 トモダチ (補修版)』
 
 
 
 
 

+  ...