Top > 孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第6章)

孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第6章)

 
 
 
6:1 
ところが、アメリカに行くと、実に多くの人、違う色の肌、彼らが話すいろいろな言語、人それぞれの経歴を目にしました。
 
But when I went to the States,  
  ンヌ アイ  ント トウ ずア  テイ 
[ t wen aɪ went tə ðə steɪts ] 
 
I saw so many different people,  
アイ    ソウ  ニー  ふエウレント  ピープう 
[ aɪ soʊ meniː fərənt piːpl ] 
 
and a different color in skin,  
アンド   ふエウレント  ら~ア ンヌ  ンヌ 
[ ənd ə fərənt ləɚ ɪn skɪn ] 
 
different different language that they speak,  
ふエウレント  ふエウレント  ングウ ずエ エイ  ピー 
[ fərənt fərənt ŋgwɪdʒ ðæt ðeɪ spiːk ] 
 
uh different background.  
  ふエウレント  クグウラウンド 
[ ʌ fərənt kgraʊnd ] 
 
 
 
6:2 
でも、彼らはみんな高く青い空の下で笑っていました。みんなの目はたくさんの笑顔で輝き、国籍や人種といった小さなことなど気にせずに話をしていたのです。
 
But they are all laughing with blue sky,  
 エイ ~ア    ンぐ   るー  カイ 
[ t ðeɪ ɑɚ ɔl fɪŋ wɪð bluː skaɪ ] 
 
very high and blue sky up there  
リー  ハイ アンド  るー  カイ アプ ~ア 
[ veriː haɪ ənd bluː skaɪ əp ðeɚ ] 
 
and uh everybody's eye was you know  
アンド    ヴウイー  アイ ウワズ ユー  ノウ 
[ ənd ʌ evrɪbɑdiːz wəz juː noʊ ] 
 
sparkling with a lot of smile  
スポ ~アンぐ     オヴ  マイ 
[ spɑɚklɪŋ wɪð ə t əv smaɪl ] 
 
and talking each other  
アンド  ンぐ  イー  ずア~ア 
[ ənd kɪŋ ʌðəɚ ] 
 
without worrying such a small thing as a nationality, the race.  
アウ  ウワ~アリーインぐ       ンぐ アズ  シオ りテイー ずア  レイ 
[ wɪðaʊt wəɚriːɪŋ tʃ ə smɔl θɪŋ əz ə næʃələtiː ðə reɪs ] 
 
 
 
6:3 
そして私は、とてもたくさんのチャンス、全く異なる文化、異なる言語、文明化された異なる社会システムを経験しました。
 
Uh and I saw so many opportunities,  
 アンド アイ    ソウ  ニー パ~ア ユーニテイー 
[ ʌ ənd aɪ soʊ meniː ɑpəɚtjuːnətiːz ] 
 
totally different culture, different language,  
トウりー  ふエウレント  うチア~ア  ふエウレント  ングウ 
[ toʊtəliː fərənt ltʃəɚ fərənt ŋgwɪdʒ ] 
 
uh different uh civilized you know uh social system.  
  ふエウレント    ヴイらイズド ユー  ノウ    ソウシアう  ステム 
[ ʌ fərənt ʌ vəlaɪzd juːnoʊ ʌ soʊʃəl stəm ] 
 
 
 
6:4 
これらの人々、そしてこの社会から学び、日本に戻ったときに生かすことができるかもしれない。多くのチャンスを得ることができました。
 
Lot of opportunity  
 オヴ パ~ア ユーニテイー 
[ t əv ɑpəɚtjuːnətiː ] 
 
that I can I can learn from these people from this society,  
ずエ アイ ンヌ アイ ンヌ  ら~アンヌ ふウロム イー  ピープう ふウロム   サイエテイー 
[ ðæɾ aɪ kæn aɪ kæn ləɚn frəm ðiːz piːpl frəm ðɪs səsaɪətiː ] 
 
that I may be able to utilize uh back in Japan  
ずエ アイ メイ  ビー  エイブう トウ  ユーテイらイ     ンヌ ヂア ンヌ 
[ ðæɾ aɪ meɪ biː bl tə juːtəlaɪz ʌ k ɪn dʒən ] 
 
when I graduate from the school.  
ンヌ アイ  グウレ ウエイ ふウロム ずア  クー 
[ wen aɪ grædʒʊeɪt frəm ðə skuːl ] 
 
 
 
6:5 
学校を卒業したら日本に帰るだろう。そして、日本に戻ったら、自分の会社を立ち上げるかもしれない。
 
Uh I would I would go back to Japan  
 アイ  アイ   ゴウ   トウ ヂア ンヌ 
[ ʌ aɪ wʊd aɪ wʊd goʊ k tə dʒən ] 
 
and after I go back to Japan,  
アンド  ふタ~ア アイ  ゴウ   トウ ヂア ンヌ 
[ ənd æftəɚ aɪ goʊ k tə dʒən ] 
 
I may estab my own company.  
アイ メイ  ステ  マイ  オウンヌ  ンパニー 
[ aɪ meɪ ɪstæb maɪ n mpəniː ] 
 
 
 
6:6 
そうしたら、アメリカで得た経験を生かすことができる。 
 
And I can utilize my experience that I got in the State.  
アンド アイ ンヌ  ユーテイらイ マイ クス アウリーエンス ずエ アイ   ンヌ ずア  テイ 
[ ənd aɪ kæn juːtəlaɪz maɪ ɪksəriːəns ðæɾ aɪ ɾ ɪn ðə steɪt ] 
 
 
 
6:7 
こうして、私の人生が全く違う形で広がりました。 
 
So, uh it open up my whole life in totally different fashion.  
ソウ     オウプンヌ アプ マイ  ホウ  らイ ンヌ  トウりー  ふエウレント  ふエ シオンヌ 
[ soʊ ʌ ɪt pən əp maɪ hoʊl laɪf ɪn toʊtəliːfərənt ʃən ] 
 
 
 
 
 
注:このページの内容は、古田利佳が書き起こし、Robert Terryが校正し、中根英登が監修しました。著作権は孫正義に帰属します。

+  ...