Top > 孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第5章)

孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第5章)

 
 
 
5:1 
学生時代、私は自分自身とすごく葛藤していると少し感じていました。 
 
So uh when I was a student,  
ソウ    ンヌ アイ ウワズ   ステ ユーデント 
[ soʊ ʌ wen aɪ wəz ə stjuːdənt ] 
 
I had my own you know small uh feeling  
アイ ハド マイ  オウンヌ ユー  ノウ      イーンぐ 
[ aɪ həd maɪ n juː noʊ smɔl ʌ fiːlɪŋ ] 
 
that I was I was you know uh struggling myself so much.  
ずエ アイ ウワズ アイ ウワズ ユー  ノウ    ストウランぐ マイうふ  ソウ   
[ ðæɾ aɪ wəz aɪ wəz juː noʊ ʌ strʌglɪŋ maɪself soʊ tʃ ] 
 
 
 
5:2 
私は日本人のように暮らしていました。日本人の名前で暮らしていました。でも、心の奥ではいつも、プレッシャーのような思い、逃れようのない気持ちを感じていました。
 
Uh I lived like Japanese, I lived with Japanese name,  
 アイ  ヴド  らイ ヂエ ニー アイ  ヴド  ヂエ ニー  ネイ 
[ ʌvd laɪk dʒæpəniːz aɪ vd wɪð dʒæpəniːz neɪm ] 
 
but uh deep in my mind,  
    イー ンヌ マイ  マインド 
[ t ʌ diːp ɪn maɪ maɪnd ] 
 
I was always feeling some kind of pressure,  
アイ ウワズ  うウエイ  イーンぐ    カインド オヴ  プウ シア~ア 
[ aɪ wəz ɔlweɪz fiːlɪŋ m kaɪnd əv preʃəɚ ] 
 
some kind of a feeling that uh couldn't I couldn't get away with.  
  カインド オヴ   イーンぐ ずエ    ドント アイ  ドント    エイ  
[ m kaɪnd əv ə fiːlɪŋ ðæt ʌ dnt aɪ dnt get əweɪ wɪð ] 
 
 
 
5:3 
私は韓国人として、韓国国籍をもって生まれました。 
 
I was I was born as the a Korean citizen, Korean citizenship.  
アイ ウワズ アイ ウワズ  ~アンヌ アズ イー   リーアンヌ  テイズンヌ  リーアンヌ  テイズン 
[ aɪ wəz aɪ wəz bɔɚn əz ð iː ə kəriːən təzn kəriːən təznʃɪp ] 
 
 
 
5:4 
家族全員が日本にいて、祖先は韓国人であるという素性を隠し、日本人の男の子のように日本人の名前を持って、学校では友達みんなと過ごしていました。
 
Uh With all my family members are in Japan,  
    マイ  ふエ りー  ンバ~アズ ~ア ンヌ ヂア ンヌ 
[ ʌ wɪð ɔl maɪ məliː membəɚz ɑɚ ɪn dʒən ] 
 
hiding uh my Korean ancestors background,  
ハインぐ   マイ  リーアンヌ  スタ~アズ  クグウラウンド 
[ haɪdɪŋ ʌ maɪ kəriːən ænsestəɚz kgraʊnd ] 
 
and living with Japanese name like Japanese boy  
アンド  ンぐ  ヂエ ニー  ネイ  らイ ヂエ ニー  ボイ 
[ ənd vɪŋ wɪð dʒæpəniːz neɪm laɪk dʒæpəniːz bɔɪ ] 
 
uh in the in the school uh with all my friends.  
 ンヌ ずア ンヌ ずア  クー      マイ  ふウ ンヅ 
[ ʌ ɪn ðə ɪn ðə skuːl ʌ wɪð ɔl maɪ frendz ] 
 
 
 
5:5 
でも、自分は隠すべきではないことを隠していると常に感じていました。 
 
But I was always feeling  
 アイ ウワズ  うウエイ  イーンぐ 
[ ɾ aɪ wəz ɔlweɪz fiːlɪŋ ] 
 
that I'm hiding something that I shouldn't have.  
ずエ アイ  ハインぐ  ムすンぐ ずエ アイ  ドント  
[ ðæt aɪm haɪdɪŋ mθɪŋ ðæt aɪ ʃʊdnt hæv ] 
 
 
 
5:6 
そんな感情から逃れられないでいました。 
 
Uh that was the feeling that I couldn't get away.  
 ずエ ウワズ ずア  イーンぐ ずエ アイ  ドント    エイ 
[ ʌ ðæt wəz ðə fiːlɪŋ ðæt aɪ dnt geɾ əweɪ ] 
 
 
 
5:7 
だから、私は日本に住んでいましたが、自分の居場所がどこにもないと感じていました。
 
So I was living in Japan,  
ソウ アイ ウワズ  ンぐ ンヌ ヂア ンヌ 
[ soʊ aɪ wəz vɪŋ ɪn dʒən ] 
 
but I felt I don't belong to anywhere.  
 アイ  うト アイ  ドウント ンぐ トウ  ニー~ア 
[ ɾ aɪ felt aɪ doʊnt bɪŋ tə eniːweɚ ] 
 
I don't belong to this country,  
アイ  ドウント ンぐ トウ   ントウリー 
[ aɪ doʊnt bɪŋ tə ðɪs ntriː ] 
 
 
 
5:8 
私はこの国の一員じゃない。周りにいる友達の仲間じゃない。 
 
I don't belong to the friends that I was surrounded with.  
アイ  ドウント ンぐ トウ ずア  ふウ ンヅ ずエ アイ ウワズ  ラウンデ  
[ aɪ doʊnt bɪŋ tə ðə frendz ðæɾ aɪ wəz səraʊndɪd wɪð ] 
 
 
 
5:9 
それは、私にとって、自分を殺しているようなものでした。 
 
Uh so to me, uh I almost uh was almost uh committing suicide.  
  ソウ トウ ミー   アイ  モウスト   ウワズ  モウスト    ンぐ  スーサイ 
[ ʌ soʊ tə miː ʌɔlmoʊst ʌ wəz ɔlmoʊst ʌtɪŋ suːəsaɪd ] 
 
 
 
5:10 
もちろん、友達には言いませんでした。でも、その気持ちはそんなにも私を苦しめていたのです。
 
I didn't tell to my friends of course,  
アイ  ドント   トウ マイ  ふウ ンヅ オヴ  ~ア 
[ aɪ dnt tel tə maɪ frendz əv kɔɚs ] 
 
but it was that much you know uh feeling  
  ウワズ ずエ   ユー  ノウ    イーンぐ 
[ t ɪt wəz ðæt tʃ juː noʊ ʌ fiːlɪŋ ] 
 
that I was so uh struggling with.  
ずエ アイ ウワズ  ソウ    ストウランぐ  
[ ðæɾ aɪ wəz soʊ ʌ strʌglɪŋ wɪð ] 
 
 
 
 
 
注:このページの内容は、古田利佳が書き起こし、Robert Terryが校正し、中根英登が監修しました。著作権は孫正義に帰属します。

+  ...