Top > 孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第2章)

孫正義 トモダチ (書き起こし版 カナ発音 第2章)

 
 
 
2:1 
ふるさとの市や町を襲った地震や津波で、皆さんが感じた気持ちの多くを私も分かち合っています。
 
Uh I must say that the uh I share a lot of feeling  
 アイ マスト  セイ ずエ ずア   アイ      オヴ  イーンぐ 
[ ʌ aɪ məst seɪ ðæt ðə ʌʃeɚ ə ɾ əv fiːlɪŋ ] 
 
that you must have had  
ずエ ユー マスト  ハド 
[ ðæt juː məst hæv həd ] 
 
during the earthquake and tsunami attacked  
~アンぐ イー  ア~アすクウエイ アンド  ミー  クト 
[ dʊɚɪŋ ðiː əɚθkweɪk ənd tsʊmiː əkt ] 
 
to the city and the towns of uh your home town.  
トウ ずア  イー アンド ずア  タウンズ オヴ   ~ア  ホウ  タウンヌ 
[ tə ðə tiː ənd ðə taʊnz əv ʌ jʊɚ hoʊm taʊn ] 
 
 
 
2:2 
数々の悲劇、皆さんのご家族、お友達、そしてまわりの人たちがたくさんの悲劇を経験したと思います。それは皆さんが忘れることのできない悲しみです。
 
A lot of tragedy I understand maybe  
   オヴ  トウレ ヂデイー アイ アンダ~アステ ンド  メイビー 
[ ə t əv trædʒədiː aɪ əndəɚstænd meɪbiː ] 
 
your family members or your friends  
~ア  ふエ りー  ンバ~アズ オ~ア ~ア  ンヅ 
[ jʊɚ məliː membəɚz əɚ jʊɚ frendz ] 
 
uh to people around are  
 トウ  ピープう  ラウンド ~ア 
[ ʌpiːpl əraʊnd ɑɚ ] 
 
you must have had a lot of tragedy the sadness  
ユー マスト  ハド    オヴ  トウレ ヂデイー ずア  ドネス 
[ juː məst hæv həd ə ɾ əv trædʒədiː ðə dnəs ] 
 
that you cannot forget.  
ずエ ユー   ふオ~ア  
[ ðæt juː nɑt fəɚget ] 
 
 
 
2:3 
私も忘れることができません。私はテレビのニュースをリアルタイムで見ていました。 
 
I cannot forget I was watching on TV,  
アイ   ふオ~ア  アイ ウワズ  ウオ ンぐ ンヌ イー イー 
[ aɪ nɑt fəɚget aɪ wəz tʃɪŋ ɑn tiːviː ] 
 
a real time over the news.  
  リーアう  タイ  オウヴア~ア ずア  ユー 
[ ə riːəl taɪm vəɚ ðə njuːz ] 
 
 
 
2:4 
大変な衝撃を受けました。テレビで自分が目にしたことを信じることができませんでした。
 
I was so shocked, I was,  
アイ ウワズ  ソウ  シオ クト アイ ウワズ 
[ aɪ wəz soʊ ʃɑkt aɪ wəz ] 
 
I couldn't believe what I was seeing uh on the TV.  
アイ  ドント  りー  ウオ  アイ ウワズ  イーンぐ   ンヌ ずア イー イー 
[ aɪ dnt bəliːv t aɪ wəz siːɪŋ ʌ ɑn ðə tiːviː ] 
 
 
 
2:5 
しかし、皆さんにとって、それはテレビ越しの出来事ではありませんでした。 
 
But for you, it was not over the over the TV.  
 ふオ~ア ユー  ウワズ    オウヴア~ア ずア  オウヴア~ア ずア イー イー 
[ t fəɚ juː ɪt wəz t vəɚ ðə oʊvəɚ ðə tiːviː ] 
 
 
 
2:6 
皆さんは身体で、目で、肌で、そして全身で、あの悲劇の全てを感じていました。 
 
Your feeling by your entire body,  
~ア  イーンぐ バイ ~ア  タイア~ア  イー 
[ jʊɚ fiːlɪŋ baɪ jʊɚ ɪntaɪəɚ diː ] 
 
by yourself uh with your eyes, with your skins,  
バイ ~ア うふ    ~ア  アイ  ~ア  ンズ 
[ baɪ jʊɚself ʌ wɪð jʊɚ z wɪð jʊɚ skɪnz ] 
 
with your whole body that you are feeling all the tragedy.  
 ~ア  ホウ  イー ずエ ユー ~ア  イーンぐ   ずア  トウレ ヂデイー 
[ wɪð jʊɚ hoʊl diː ðæt juː ɑɚ fiːlɪŋ ɔl ðə trædʒədiː ] 
 
 
 
2:7 
あの時皆さんがどのように感じたか、特にご家族やお友達に起こった悲劇を私は言葉にすることができません。
 
Uh I cannot say a word how you must have felt  
 アイ    セイ   ウワ~ア  ハウ ユー マスト   うト 
[ ʌnɑt seɪ ə wəɚd haʊ juː məst hæv felt ] 
 
uh during during that time  
  ~アンぐ  ~アンぐ ずエ  タイ 
[ ʌ dʊɚɪŋ dʊɚɪŋ ðæt taɪm ] 
 
and especially uh all the tragedy you may have had  
アンド  シアりー     ずア  トウレ ヂデイー ユー メイ  ハド 
[ ənd ɪspeʃəliː ʌ ɔl ðə trædʒədiː juː meɪ hæv həd ] 
 
among your family members and the friends.  
アマンぐ ~ア  ふエ りー  ンバ~アズ アンド ずア  ふウ ンヅ 
[ əŋ jʊɚ məliː membəɚz ənd ðə frendz ] 
 
 
 
 
 
注:このページの内容は、古田利佳が書き起こし、Robert Terryが校正し、中根英登が監修しました。著作権は孫正義に帰属します。

+  ...