Top > でんでんむしのかなしみ The Sorrow of a Snail

      英語に翻訳するあなたを応援します。『翻訳ワールド』はこちら
      If you cannot view this page, please try installing Japanese fonts.
 
 

でんでんむしのかなしみ The Sorrow of a Snail

denden mushi no kanashimi
「でんでんむしのかなしみ」
The Sorrow of a Snail

Niimi Nankichi
新美南吉
by Niimi Nankichi
 
 
 
ippiki no denden mushi ga arimasita
一匹のでんでんむしがありました。
Once upon a time, there was a snail.

aruhi sono denden mushi wa taihen na koto ni ki ga tsuki mashita
ある日、そのでんでんむしは大変なことに気がつきました。
And one day he noticed something troubling.

watashi wa ima made ukkari shite ita keredo
「わたしは今まで、うっかりしていたけれど、
“Up until now, I have never been very aware of my surroundings, but…

watashi no senaka no kara no naka ni wa kanashimi ga ippai tsumatte iru de wa nai ka
わたしの背中の殻の中には、悲しみがいっぱい詰まっているではないか。」
…I noticed all of the sadness that I have been bearing on my back shell.”

kono kanashimi wa dou shitara yoi deshou
この悲しみは、どうしたらよいでしょう。
Oh, the grief…what can be done?

denden mushi wa otomodachi no denden mushi no tokoro ni yatte ki mashita
でんでんむしは、お友達のでんでんむしの所にやってきました。
So, the snail went to find another snail friend.

watashi wa mou ikite irare masen
「わたしはもう、生きていられません。」
“I can’t live anymore.”

to sono denden mushi wa otomodachi ni ii mashita
と、そのでんでんむしは、お友達に言いました。
Said the snail to his friend.

nan desu ka
「なんですか。」
“Why…what happened?”

to otomodachi no denden mushi wa kiki mashita
とお友達のでんでんむしは聞きました。
Asked the friend snail.

watashi wa nantoiu hushiawase mono desyou
「わたしは、なんという、不幸せものでしょう。
“I am a very pitiful creature.

watashi no senaka no naka ni wa kanashimi ga ippai tsumatte iru no desu
わたしの背中の殻の中には、悲しみがいっぱい詰まっているのです。」
I have much sadness which I have been bearing on my back shell.”

to hajime no denden mushi ga ii mashita
と、始めのでんでんむしが、話しました。
Exclaimed the first snail.

suruto otomodachi no denden mushi wa iimashita
すると、お友達のでんでんむしは言いました。
The friend snail responded,

anata bakari de wa arima sen watashi no senaka ni mo kanashimi wa ippai desu
「あなたばかりではありません。わたしの背中にも、悲しみはいっぱいです。」
“Not only you. I also am overwhelmed with grief on my back.”

soreja shikatanai to omotte
それじゃ仕方ないと思って、
So, the snail just shrugged it off…

hajime no denden mushi wa betsu no otomodachi no tokoro e iki mashita
始めのでんでんむしは、別のお友達の所へ行きました。
However, the first snail went to see another friend.

suruto sono otomodachi mo ii mashita
すると、そのお友達も言いました。
And that friend, too, responded in like manner.

anata bakari de ha ari masen watashi no senaka ni mo kanashimi wa ippai desu
「あなたばかりではありません。わたしの背中にも、悲しみはいっぱいです。」
“Not only you. I also am overwhelmed with grief on my back.”

sokode hajime no denden mushi wa mata betsu no otomodachi no tokoro e iki mashita
そこで、始めのでんでんむしは、また別の、お友達の所へ行きました。
So, the snail went, yet, to visit another friend.

koushite otomodachi wo jun-jun ni tazunete iki mashita ga
こうして、お友達を順々に訪ねて行きましたが、
And after that, yet still to more friends, proclaiming the same grief.

dono otomodachi mo onaji koto wo iu no de ari mashita
どのお友達も、同じことを言うのでありました。
However, he kept getting the same response.

toutou hajime no denden mushi wa ki ga tsuki mashita
とうとう、始めのでんでんむしは、気がつきました。
So, finally, the snail noticed something…

kanashimi wa daredemo motteiru noda watasi bakari de wa nai noda
「悲しみは、誰でも持っているのだ。わたしばかりではないのだ。
“Everybody is full of sorrows. It’s not just me…

watashi wa watashi no kanashimi wo koraete ikanakutya naranai
わたしは、わたしの悲しみを、こらえていかなきゃならない。」
…I’m just going to have to bear my sorrow.”

soshite kono denden mushi wa mō nageku no wo yameta node arimasu
そして、このでんでんむしは、もう、嘆くのをやめたのであります。
And so, from that day forward, the snail left off his lamenting.
  
 
 

このブラウザはobjectタグがご利用頂けません。最新のブラウザをご利用ください。

Robertによる英語音声
 
 
 
This is a poem by Niimi Nankichi. He was a famous Japanese poet who lived during the Showa Period, which was about 70 years ago. This poem is called “The Sorrow of a Snail”

+  ...